就任祝いを贈るタイミング

贈るタイミングとしての目安は、早ければ早いほど、お祝いの気持ちが伝わるので適切です。日本経済新聞や業界紙の人事欄を見ていると、人事異動の件が掲載されますので、近々に関連する人が人事異動をしそうな場合は、注意してみておきましょう。そして、新聞に掲載されたらすぐに贈り物の手配をすることが、もっともお祝いの気持ちが届きます。
あるいは、次のタイミングとしては、就任の案内のハガキが届きますので、それを見てすぐに贈るということになります。あだ、このハガキは、あまり速く手配されないことが多いので、できればこの前に情報を手に入れて早く送る手配をしたいところです。
標準としては遅くても、就任の情報が出た段階から最低でも2~3週間で相手の手元に届くようにすることが重要です。
ただし、これ以外にも贈るタイミングはあります。それは、就任するしてのポジションの問題もありますが、場合によっては就任のパーティをすることがあります。そのパーティにお祝いとして花を贈ることも、パーティを華やかにするという地味で、喜ばれる贈り物になります。
いずれにしても、就任祝いのタイミングは早ければ早いのがいい、というのが鉄則です。そのためには常に情報のアンテナを張っておきましょう。

 

友人が社長に就任しましたので、お祝いをと考えているのですが、ビールでは非常識でしょうか?


公開日:

記事はありませんでした

→もっと見る

    PAGE TOP ↑