就任祝いの相場

その会社の規模によっても、また当然ですが、新たに就任する役職の高さによっても、就任祝いの相場は変わってきます。
まず、課長、部長レベルの場合は、だいたい3万円くらいが相場です。これは、その会社が大きいかどうか、ということ左右されないレベルです。次に、中小企業の役員、社長レベルの場合です。抽象企業とはいえ、役員なので、少しお祝いの相場は高くなって、だいたい5万円くらいです。そして一番高いレベルが、大企業の役員、社長レベルですが、この場合は10万円くらいが相場になります。ただし、これらは過去の就任祝いでほかの人に贈った金額や鼻の値段とのバランスも大きなポイントになりますので、そのような過去の事例があれば事前に調べて、それと矛盾のない相場の金額を包むようにしましょう。
今は現金や商品券を渡す金額の相場をご紹介しましたが、これは花を贈る場合でもほぼそのまま使えます。先に書いたように、多くの場合は胡蝶蘭になりますが、大会社の社長クラスで10万円、中小企業の社長クラスで5万円、部長、課長クラスで3万円の鉢を贈れば、大きく礼を失するというのなことはおおむね避けられます。以上を参考に、贈り物の金額を決めてください。


公開日:

記事はありませんでした

→もっと見る

    PAGE TOP ↑