就任祝いの贈り方

就任祝を贈る場合、贈る相手は上司などの目上の人の場合と、取引先の責任者などの場合などが多いと思います。いずれにしても、失礼な贈り方をしてしまうと、後々の仕事に非常に障害となりますので、あまり奇抜なものや、サプライズ的なものではなく、無難なものを贈っておくほうが得策だと言えます。
そういう条件の中で、贈るのに適したものの第1位は「花」です。そして「花」の中でも「胡蝶蘭」の鉢を贈ることが非常に多いです。胡蝶蘭の花言葉は「幸せを運んでくる」という大変にめでたいものですし、また花そのものも大輪で非常に華やかでお祝いにはふさわしいと言えます。

就任祝いに最適な胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭を贈る時に、考えておきたいことは、まずは色です。店頭に並んでいるほとんどが「白」なので、黙っていれば城を贈ることになりますが、中にはピンクがかかったものなどもあります。しかしここは「無難」が優先条件なので「白」を選択しましょう。
また、株の本数ですが、鉢の大きさによって3本から5本くらいまでが定番です。多ければもちろんよいですが、予算というか、相手のポジションとのバランスもあるので、課長クラスであれば3本の鉢、部長、役員クラスであれば5本の鉢を選択するようにしましょう。


公開日:

PAGE TOP ↑